納期が重要なeスポーツ競技会のトロフィー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

eスポーツ競技会の表彰式にはトロフィーが必要になります。そこで既製品ならば在庫さえあればすぐに送ってもらえますが、もし、オリジナルなものを注文した場合は、その制作期間も含めて納期を考えなければいけません。通常の納期というのは、製作開始から製品が注文主の手元に届くまでを指すことが多いです。だとするならば、どんなものを注文するかによって納期は違ってくることになります。もし、相当複雑なものを注文した場合は、それなりの時間がかかることを覚悟しておきましょう。かなり前から準備しておくことが必要になります。また、この納期については製作会社によっても違ってきます。手早くきれいに作ってくれるところもあれば、なかなか出来上がらなくてもクオリティが高いものを作ってくれるところもあります。どの程度の期間でできるかは、きちんと製作会社に確認しなければなりません。

納期を短くする方法

納期を短くするためには、事前に準備しておく必要があります。突然に複雑なものをオーダーしてもなかなかできるものではありません。いくつか事前に決めておくポイントがあります。まず使用する日時です。いつまでに作ってほしいという最終日を決めておきます。これは不測の事態も考えて実際に使用する日より数日前にしておきます。次にどんなものにするのかを決めておきます。最初からオリジナルデザインが決まっているのなら、その詳細を決定しておきます。また、はっきりと決まっていないのなら、製作会社に相談してどんなものにするのかを決める必要があります。勿論、この期間は納期には含まれませんので注意しましょう。さらに、文字や彫刻を入れるのであれば、どんな文字や彫刻をどんな方法で入れるのかも決めておきます。サンドブラスト加工にするのか、2Dや3Dにするのかで製作期間も違ってきます。
これらについて、最初から決めておきます。その上で製作会社に依頼をすれば、オリジナルなものであっても手早く製作してくれます。当然納期も短縮できることになります。

さらに納期を短くする方法

オリジナルで複雑なものは、やはりそれなりの期間と入念な準備が必要になります。そうしないと納期の短縮や正確な納期日を把握することはできません。そこできちんとした納期を知ったうえで、さらに簡単に注文することができる方法があります。それはセミオーダーというやり方です。このセミオーダーなら10日から15日程度でできてきます。セミオーダーといっても製作会社によってはeスポーツ用のトロフィーを数多く用意しているところもあり、そんなところに注文すれば、オリジナルのものに遜色がないものを入手することもできます。