「がん検診」で早期発見

私の叔父は頑固者で、今まで一度も健康診断を受けたことがないという変わり者でした。
本業は布団屋なのですが、時代の流れなのか商売も暗礁に乗り上げている状態であるため、最近では宅配のアルバイトをしています。
宅配の仕事は、お歳暮のシーズンになると、需要が高まりますので忙しく動き回っているそうなのですが、昨年は急にお腹が痛くなり意識を失ってしまったことがあったそうです。
その話を聞いた友人が「おまえ1回くらい「がん検診」を受けてみろよ。
」と言ったそうです。
叔父は「俺は、そんなの受けなくていいよ。
」と言ったそうなのですが、その友人が「俺の友達の医者に予約を取ったから、顔をつぶすなよ。
」と言ったのでしょうがなく、友人の勧める病院で「がん検診」を受けたそうです。
すると、なんと初期の胃がんが見つかったそうです。
今となっては「本当に命拾いした。
」と言っています。
このことからもわかるようにがんは早期発見早期治療ができれば、怖がる病気ではありません。
大事なのは定期的に「がん検診」を受けることだと思いました。