eスポーツ競技会のトロフィーの値段
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

eスポーツ競技会で使用するトロフィーは、どんなものを注文するかで値段も変わってきます。一般的に言えば一番安いのは既成のものであり、次にセミオーダー品、そして一番高くなるのがオリジナルのオーダー品ということになります。また、どんなものにするのかも関係してきます。像のついたトロフィーなのか、カップ型なのか盾なのかで変わります。
さらに大きさにも関わってきます。当然のことながら大きくなればなるほど値段的には高くなります。さらに材質によっても値段の違いがあります。同じ真鍮製の像でも下の台が大理石などの天然石ならば高くなりますし、アクリル製ではなくてガラス製になると高価になります。

値段を安くする方法

eスポーツで使用するトロフィーは、現代的でスタイリッシュなものを用意したいものです。安くするためには数量的にそれなりの量を発注できれば、値段交渉が有利になります。また、素材を安いものに変えることで安価に抑えることができます。次に重要なのはどこの販売店を選ぶかです。居住地域にもトロフィーを販売している店はあるでしょう。しかしそこに必ず希望に沿ったものがあるとは限りません。
また、トロフィーはギフト店などでも扱っていますが、その品揃えと品数が豊富かどうかも問題になります。大量入荷、大量販売の店なら数量次第で価格交渉にも乗ってもらいやすい傾向です。そういう点でいえば、ギフトショップなどではなく、トロフィー専門店に依頼する方が価格的により安くなる可能性が高いです。専門店は品数も豊富で在庫も大量に持っています。そのため、思い通りのものを見つけることができ、値段も安いものが入手できます。

インターネットで探す

トロフィーを町にあるショップで見つけようと思っても、なかなか見つからないものです。そんな時にはインターネットで探すのが一番手っ取り早い方法です。インターネットショップの便利なことは、種類が豊富なことです。直接店に出向く必要もなく、時間をかけて自由に色々なものを検討できます。値段的にも安いことが多く、価格交渉もスムーズに進むという点が挙げられます。オリジナルなものであっても、数が揃えば値段を安く抑えることができますし、一つからでも気兼ねなく交渉ができます。
送料が気になりますが、ある一定の金額以上なら送料無料としてくれるショップもあります。そういったお店を見つけて注文すれば、安くて良いものが手に入るでしょう。

納期が重要なeスポーツ競技会のトロフィー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

eスポーツ競技会の表彰式にはトロフィーが必要になります。そこで既製品ならば在庫さえあればすぐに送ってもらえますが、もし、オリジナルなものを注文した場合は、その制作期間も含めて納期を考えなければいけません。通常の納期というのは、製作開始から製品が注文主の手元に届くまでを指すことが多いです。だとするならば、どんなものを注文するかによって納期は違ってくることになります。もし、相当複雑なものを注文した場合は、それなりの時間がかかることを覚悟しておきましょう。かなり前から準備しておくことが必要になります。また、この納期については製作会社によっても違ってきます。手早くきれいに作ってくれるところもあれば、なかなか出来上がらなくてもクオリティが高いものを作ってくれるところもあります。どの程度の期間でできるかは、きちんと製作会社に確認しなければなりません。

納期を短くする方法

納期を短くするためには、事前に準備しておく必要があります。突然に複雑なものをオーダーしてもなかなかできるものではありません。いくつか事前に決めておくポイントがあります。まず使用する日時です。いつまでに作ってほしいという最終日を決めておきます。これは不測の事態も考えて実際に使用する日より数日前にしておきます。次にどんなものにするのかを決めておきます。最初からオリジナルデザインが決まっているのなら、その詳細を決定しておきます。また、はっきりと決まっていないのなら、製作会社に相談してどんなものにするのかを決める必要があります。勿論、この期間は納期には含まれませんので注意しましょう。さらに、文字や彫刻を入れるのであれば、どんな文字や彫刻をどんな方法で入れるのかも決めておきます。サンドブラスト加工にするのか、2Dや3Dにするのかで製作期間も違ってきます。
これらについて、最初から決めておきます。その上で製作会社に依頼をすれば、オリジナルなものであっても手早く製作してくれます。当然納期も短縮できることになります。

さらに納期を短くする方法

オリジナルで複雑なものは、やはりそれなりの期間と入念な準備が必要になります。そうしないと納期の短縮や正確な納期日を把握することはできません。そこできちんとした納期を知ったうえで、さらに簡単に注文することができる方法があります。それはセミオーダーというやり方です。このセミオーダーなら10日から15日程度でできてきます。セミオーダーといっても製作会社によってはeスポーツ用のトロフィーを数多く用意しているところもあり、そんなところに注文すれば、オリジナルのものに遜色がないものを入手することもできます。

オリジナルでつくりたいeスポーツのトロフィー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

eスポーツの競技会は、日本の色々な場所で開催されています。そして競技会も様々なわけですから、トロフィーもその競技にふさわしいものを用意したほうが参加者からも喜ばれます。いくら大きくて立派なものでも、ありきたりのカップ型では何の競技で優勝したのか即座にはわかりません。トロフィーは飾って楽しむものです。あるいは何気なしに人目に触れさせたいと思っている人も少なくありません。だからこそ一目見ただけで、どんな競技で優勝したのか理解できるデザインのものが喜ばれます。eスポーツは新しい競技であり、いくら大手の優勝カップ販売店でもそれ専用のものは見つけにくいでしょう。ましてやジャンル別のトロフィーは、さらに見つけることが難しいです。販売している店舗を探すよりも、必要とするトロフィーを製作してくれるところに依頼するのがベストといえます。

オリジナルトロフィーの素材

オリジナルなものを作ろうとすると、様々な疑問や知っておくべきことが出てきます。まず、その素材を決めなくてはいけません。そしてその素材は形によって変わってきます。トロフィーと一口に言ってもその範囲は広く、いわゆるトロフィー型からカップ、盾などもその範疇に入ります。そこで像のあるトロフィーがいいのか、あるいはカップか盾かを決めます。ここでは便宜上台座の上に像の乗ったものを例にとります。これを作るための素材を決めなくてはいけませんが、これもいくつかあります。価格的にリーズナブルなものであれば、プラスチックにメッキを施したものがありますし、像はプラスチック製でも台座を大理石にしたものもあります。
さらに光学ガラス製やブロンズでできたものも、重量感があって勝利者を顕彰するにはふさわしい素材といえます。光学ガラスに大理石などの天然石を組み合わせたものも、高級感あふれ、見栄えの良いものとなります。
また、ガラス製は多少高価になるので、もう少し安価にしたいという人にはアクリル製がお勧めです。この他、キャスト製や真鍮でできた像が載ったものなどもあります。これらはその素材によって値段も変化しますので、まず形と素材を決めることが一番重要になってきます。

オリジナル彫刻でさらにイメージアップ

せっかくオリジナルなものを作るのですから、そこに入れる文字やデザインもオリジナルなものにしたいものです。そして、その彫刻の仕方にも色々なやり方があります。単に文字だけを入れるのなら簡単なのですが、もし、複雑なロゴやデザインを入れたい時にはレーザー彫刻が良いです。レーザー彫刻機は手彫りとは違い、どんな細かな作業もこなしてくれますし、しかも手早くきれいな仕上がりが期待できます。文字もeスポーツにふさわしい書体にすれば、より一層素敵な雰囲気のものに仕上がります。この他に表面に平面加工を施す2D加工やサンドブラスト加工もあります。

eスポーツ競技会のトロフィー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

競技会を開催して勝利者にトロフィーを贈呈する際にどんなものを贈ればいいか迷う場合は、それぞれの種類の特色を比べてみるといいでしょう。トロフィーには様々な形状がありますが人気はやはりカップ型です。大きなカップ型は象徴的であり迫力もあります。次に台座がついているタイプがあります。通常、野球ならボールが載っていたり、ゴルフならクラブを振る人物が載っていたりしますが、この場合はeスポーツらしいデザインのものにすれば、一目でそれとわかります。また、台座にはプレートがあって文字を書き込めますので、そこに素敵な文言を書き込むのも良いです。
クリスタルのものならば、中に絵を入れたりすることができますので、その競技を象徴するようなデザインにすることも可能です。

eスポーツ競技の種類

eスポーツ競技会で使うトロフィーのデザインは、色々なものにすることができます。その前にまず、競技会にはどんなものがあるのかを知る必要があります。それにより、その競技会にふさわしいデザインにすることができるからです。競技は大きく分けると7つあります。一つ目がシューターです。これはシューティングゲームのことで、仲間とチームを組んで相手と撃ち合ったりします。二つ目がMOBAと呼ばれるもので、一人が一つのキャラクターを使って、複数のプレーヤーの協力を得ながら相手を倒すというゲームです。三つ目がスポーツです。これはその名の通り、実際のスポーツをゲーム化しています。だからサッカーや野球がそのままゲームになっているというわけです。四つ目が格闘ゲームで、これは日本人プレーヤーが最も活躍しているゲームといわれています。五つ目はOCGで、オンラインカードゲームを指します。そして六つ目がRTSで、自分が軍隊の指揮官となり、戦略を練って戦うシュミレーションゲームです。最後の七つ目はパズルです。
以上のような七つのジャンルに様々なゲームがあり、それぞれに主要キャラクターが活躍しています。

ゲームのキャラクターをデザインにする

七つに分けられるゲームのジャンルにはさらに多くのゲームが存在しています。そしてその中には多数のゲーマーに支持されているキャラクターも多いのです。ゲームの有名キャラクターをデザインとして取り入れたトロフィーは、勝者にふさわしいものになります。あるいは戦闘ゲームなら銃などをデザイン化しても良いかもしれません。